トップ / ビジネスに触れる情報

ビジネスに触れる情報

ビジネスは実は有益

ビジネス用語:会計とは

ビジネス用語において会計という言葉には、二つの意味があり、一つ目は収支に関するものです。収支とは、収入及び支出のことで、現金や銀行口座での入出金を指します。商品の販売、サービスの提供、銀行預金の利子などによる、現金の受領や銀行口座への入金が収入になります。仕入れ、光熱水料、家賃、労働者への賃金などによる、現金の支払いや銀行口座からの出金が支出になります。ビジネス用語における会計の二つ目は、損益に関するものです。基本的には収支の考え方に似ていますが、固定資産の購入など、いくつかの点で違いがあります。自動車を購入しても損失ではありません。100万円の現金の代わりに100万円の自動車があるのですから、損益はトントンです。ただし、減価償却といって、耐用年数で除した値を、毎年、費用として計上します。

会計関連のビジネス用語

会計関連のビジネス用語は世の中に数え切れないほどあります。経営のために知ることはもちろん、学問としても大変奥深い分野です。同時に、わからないから、知らないからと言って敬遠している方も多い分野です。会計関連のことは私たちの生活と直結している部分が多いですから、知っていることが増えることで視野が広がっていくことでしょう。ビジネス用語として捉えようとすると難しい場合もあります。まずは、普段の生活に関連付けてイメージすることから始めてみてください。きっと役に立つことも多いですから、学んでいて損はありません。

↑PAGE TOP

© Copyright ビジネスに関して考えよう. All rights reserved.