トップ / 手形割引のことならお任せ

手形割引のことならお任せ

手形割引で換金しよう

手形割引で注意すること

将来の満期日に、額面に記載された金額を支払う約束の証書が手形です。発行する側は支払い期間を猶予できますので、大きい金額の支払では、よく使われます。受け取る側は満期日になるまで現金化できませんが、手形割引の制度を使うと満期日よりも早く現金かできます。金融機関や手形割引業者で手数料を差し引かれて現金化する方法です。受け取る側にとっては、手数料を引かれても早めに現金が手に入るので便利な制度ですが、金融機関によっては買戻し特約が付いている場合もあります。不渡りとなった時には注意が必要です。

資金繰りは経営で最も大切なもの

資金繰りは経営で最も大切なものです。資金がショートしてしまうと黒字でも倒産してしまうからです。逆に言えば、資金さえどうにかなっていれば、赤字続きでもビジネスを続けていくことができます。だから、売上や利益以上に大切なのが資金繰りなのです。資金がショートしやすくなる原因は売掛金などの債務の増加や貸倒れなどによる資金回収できない額の増大によるものが多いです。ですから、できる限り掛け売りは止めていくようにすれば良いです。信用して騙されるリスクを取るより、信用しないでリスクを減らすことが肝心です。

↑PAGE TOP

© Copyright ビジネスに関して考えよう. All rights reserved.