海外旅行保険の必要性について

海外旅行保険がなぜ必要なのか紹介します

突発的な出来事に対処するために海外旅行保険が必要

海外旅行でけがや病気をしたときに必要

海外旅行は自分の知らない文化に触れられることが楽しみですが、ただ楽しみだけでなくいざという時の備えが必要です。その備えの一つとして、海外旅行に行く機会が多い人にお勧めなのが海外旅行保険です。海外旅行保険は、海外に渡航した後で何かしらの問題が起きた時に月額で積み立てておくことで負担を軽減するための保険になります。その何かしらの出来事の中で、最も多いのが渡航先で病気やけがをしたときです。海外で病気やけがをしたときに渡航先の病院に診療を受けることになりますが、日本の保険適用が出来ないもしくは保険自体の概念がないことで医療費を全額負担になるのです。そこで渡航先で突然病気やけがを負って病院に診療を受けた時に、事前に海外旅行保険に加入して積み立てておくことによって医療費を全額負担になったとしても申請すれば還元してもらえます。

日本人旅行者に多い盗難被害にあった時に

海外旅行で突発的に起こる問題の中で、日本人が特に注意してほしいのが盗難被害です。海外に渡航する際に緊急時の連絡先として携帯電話を持ち歩くだけでなく、珍しい建築物や自然環境を記録として残すための高性能カメラや街を出歩くときの装飾品など持ち歩きます。これまで触れたことのない文化で気分が高揚していると注意力が散漫になってしまい、これらの所持品を守る意識が薄くなってしまうのです。所持品を守る意識が薄いのは盗難をしようとしている人間にとっては格好の的であり、特に日本人は裕福で治安が良いということはどの国よりも周辺への注意が甘いという印象が強いため狙われやすいのが実情です。もし海外で盗難被害にあってしまった時に、特に金銭に関する事案に巻き込まれてしまった時に海外旅行保険が役に立ちます。宿泊先のホテルもしくは空港や駅では必ず電話があるので、フロントに話を通せば電話を貸してもらえます。そこで海外旅行保険を申請した企業に連絡を入れれば、宿泊先のホテルに滞在費と最低限の装備そして新しいクレジットカードや携帯電話キャリアの解約と再発行まで行ってくれるのです。

空港内トラブルに出くわしてしまった時に

海外への渡航でけがや病気そして東南が最も多い注意事項なのですが、実は意外に多いのが空港内トラブルに見舞われることです。空港内トラブルというのは、例えば日本の航空会社から直接相手国の空港に行くルートが無い場合は別の国を経由して入国をすることになります。しかし別の国に経由して渡航する場合、色々な発着便が空港内にあるので情報が錯綜してしまいます。その錯綜した情報に巻き込まれて荷物が別の国に行ってしまい、到着後に自身の荷物が届かないということがよくあるのです。さらに外国語になれていない日本人が海外の空港に行くと、空港内はすべてその国の言葉でやり取りを行うため発着口や改札口がどこにあるのか分からなくなってしまいます。それで空港内で迷ってしまうと、予約した飛行機に乗り遅れてしまい途方に暮れるということもよく起きる事です。そこでも海外旅行保険に加入しておけば、荷物が別の飛行機に乗せられて到着後に届かなくても携帯電話もしくは空港内のフロントの電話から連絡を入れれば盗難補償と同じ保証を受けることができます。そして飛行機に乗り遅れた際も、保険会社が空港と連絡を取ることで新しい空港券の発行もしてくれるので安心です。

人気記事ランキング